10.19 生徒主張

公開日 2016年10月19日(Wed)

10月19日(水)生徒朝礼において生徒主張を行いました。一年生の中畑祐哉君、二年生の有村奈央さん、3年生の松田崇志君の3名が演壇に立ち、それぞれの主張を展開してくれました。一年生の中畑君は「僕のことについて」というテーマで、何かに夢中になると、他のことが考えられなくなる自分自身の個性について触れながら、自分はこれをやり切ったといえるようになるためにも、一日一日を大切に生きたいと、語ってくれました。

IMG_4438

 2年生の有村奈央さんは「相談すること」というテーマで、悩みがある時は、一人で抱え込まず、自分のことを心配し、頼ってほしいと思ってくれる人が存在することに気づくことが大切だとの思いを語ってくれました。

IMG_4447

 3年生の松田崇志君は、「主観的相違」というテーマを設定しました。人と出会ったときに、こちらの側の主観的思い込みで、相手の内面性までを理解することはできないということ。さらにその溝を埋めるための努力として、コミュニケーションという意思伝達の手段を活用しなくてはならないとの考えを述べてくれました。

IMG_4450IMG_4440