アクティブ・ラーニング研究員による公開授業を実施しました。

公開日 2017年11月08日(Wed)

 11月8日(水)、午後から平成29年度県立高等学校学力支援事業に係るアクティブ・ラーニング研究開発支援プログラムにおけるアクティブ・ラーニング研究員の公開授業を実施しました。県内の中学校、高校などから40名近くの先生方が参観等に訪れてくれました。

 国語の授業は池田有希教諭が担当。教材は「塞翁が馬」。「塞翁が馬」の話の要点をまとめるとともに、話の背景にある思想について理解。さらに諸子百家の他の思想に視点を広げる学習を展開しました。教材「塞翁が馬」の内容を他の思想(儒家・法家)の視点から見つめ直せば、どのようにとらえ直すことができるかを考察しました。

027A9177027A9179

 

数学の授業は中山育郎教諭が担当。単元は「重複組み合わせ」。三個のボールをA・B・Cの三人に分け方をすべて表に書き出し、総数を求め、グルーブで、求めた総数を式で表現させます。さらにそこで理解した考え方を、分野の異なる「整数」の問題に応用する力を身につけます。

027A9187027A9283

 

理科(地学)の授業は戸田政仁教諭が担当。単元は「地層や岩石と地質構造」。これまでに学習した岩石の復習するとともに、カードゲーム形式で、岩石と現象の関係を学習します。さらには、各岩石の関係性(循環)について深く理解する学習を展開していきました。

027A9165027A9214

 

英語の授業は丸山亮子教諭が担当。単元は「A Young Man in the sea  Who made change」。まずは、スモール・トークからスタート。続いて、ジョン万次郎に関するクイズを出して、グループ活動を展開。ジョン万次郎に関する疑問点をグループで出し合い、出てきた疑問に対する考え方を資料から探し出していきます。最後にそれをグループごとに発表していきました。

027A9247027A9255

 

各教科ともに、アクティブ・ラーニング・パターンの観点からみて、」「A1 学びの主人公」、 「A9 考えの可視化」、「A11  視点のアップグレード」 、「B5 とっつきやすい課題」、「B7 一段上へ引き上げる」、「B9 ポジティブなもやもや」 などの視点を導入し、生徒が主体的で対話的な深い学びに通ずる授業を構成していくことを目指しています。

027A9297027A9310