2.7 学年別朝礼

公開日 2018年02月07日(Wed)

2月7日(水)1学年と2学年の学年別の朝礼が、それぞれ武道館と同窓会館(三星会館)にて行われました。1学年では数学科の中山先生が講話を担当。今週、今週視察に訪れた立命館守山高等学校や奈良市立一条高校で取り組まれている「主体的で対話的な深い学び」について紹介してくれました。両校ともICTを活用しながら、生徒たちの表現力の育成に取り組んでいます。これからの時代を生きていく社会人となるために、「何度でも、そして失敗を重ねながら、考えや意見をアウトプットする力を身につけてほしい」と呼びかけてくれました。

IMG_8575IMG_8581

二学年は国語科の三原先生が講話を担当し、大学の合格発表時に「人生どちらに転んでも『しめた』と思うこと」が大切だと声をかけられた話を紹介してくれました。「選択を迫られたときに自分の思い通りにならなくても前を向いて気持ちを切り替えていくことが大事ですよ。」と語ってくれました。

IMG_8580IMG_8578

 

校内の思索の森では、今、蝋梅(ロウバイ)の花が満開を迎えています。ロウバイの花言葉は「ゆかしさ」・「慈しみ」。まだ花の少ない冬の時期に、そっと黄白色の花を咲かせるロウバイの控えめで奥ゆかしい姿にちなんだものとなっています。

IMG_8586IMG_8588