2.14 生徒主張及び表彰式

公開日 2018年02月14日(Wed)

2月14日(水)の生徒主張を1年の牧滉瑛君、2年の吉村義喜君、同じく2年忽那優花さんが行ってくれました。牧滉瑛君は「身の丈を知る」というテーマを設定。ヤドカリの貝殻を背負って移動する姿を紹介しながら、始めから高い理想を背負っていくよりも、少しずつ着実に自分を成長させ、その積み重ねにより、大きな目標にたどり着くよう努力したいと語ってくれました。027A0422

2年の吉村義喜君は「私はとらわれない」というテーマを設定。以前野球の試合をするときに、戦う前に相手チームの情報を聞いたことにより、誤ったイメージを抱いてしまい、苦戦してしまった経験を紹介。耳から得ただけの情報や、またそこから生まれる先入観にとらわれることなく、しっかりと自分の目で見、向き合った上で、行動することが大切なのではないかと主張してくれました。

027A0431

同じく2年忽那優花さんは、「一歩踏み出す勇気」というテーマを設定。今日の生徒主張を任されたことも自分にとっては苦手なことではあったけれども、あえて挑戦し行動に移してみたと心の内を語ってくれました。苦手なことを経験し、乗り越えたことにより、新しい自分との出会いを果たすことができたことと思います。

027A0444

続いて行われた表彰式では、第49回高校樋口杯テニストーナメントにおいて、1年男子シングルスで第3位となった清水洋幸君、1年男子ダブルスで2位となった山口義弘君と寺田颯斗君に賞状が授与されました。

027A0446027A0451