クリスティーン 3年間ありがとう!

公開日 2018年07月24日(Tue)

この3年間、鹿屋高校のALTとして活躍してくれたクリスティーン・ザロキさんが任期を終えて、離任することとなり、お別れのセレモニーを行いました。クリスティーンさんは、英会話のレッスン、英検受験のサポート、英語の授業のヘルプなど、本校になくてはならない存在として、活動してくれました。これからも東京という新天地でなにごとにも明るく積極的にチャレンジしてください。御活躍をお祈りしています。

以下に離任式でのスピーチ全文を紹介します。

皆さん、こんにちは。

3年前、蒸し暑(むしあつ)い今日のような日に、大学を卒業したばかりの私は一人で鹿屋に来ました。また一年()、看護師になるためにアメリカに帰る予定がありました。海外(かいがい)に住んだことがなかったし、あまり日本語を話せなかったので、緊張(きんちょう)していました。でも、ほんとに楽しみにしていました。

しかし3か月()、間違った選択をしたかもしれないと思いました。一年間は(かえ)れないと知っていました。それでも鹿屋のほうが故郷(こきょう)より心のふるさとみたいに感じるようになりました。また鹿児島の魅力にホレました。近所(きんじょ)の人は優しくて思いやりがあり、とてもよくしてくれました。親切(しんせつ)な職員や生徒たちは家族みたいになったので、帰る必要がなくなりました。しかし、素晴らしい3年間を過ごしましたが、来月からイベント企画会社で働くため、木曜日に東京へ引っ越します。

この3年間、皆さんが援助(えんじょ)をしてくれたことは感謝してもしきれません。校長先生や教頭先生、英語科を始め、職員のご指導(しどう)のもとで素晴らしい時間を過ごすことができました。バレーボールやバドミントン大会、ロードレースに参加したり宴会や二次会に行ったことは一生(いっしょう)(わす)れません。先生方の中にはわざわざ家族に紹介してくれた方もいらっしゃったので、特にそういうことに感謝しています。私の日本語はあまり上手ではなかったから時々コミュニケーションをとれませんでしたが、あたたかく(むか)()れて優しくしてもらいました。心から感謝します。私のことを思い、たくさんのことを(おし)えてくれてほんとにありがとうございました。

生徒の皆さん、明るく面白い皆さんなら、これからきっと成功(せいこう)できると思います。皆さんが夢を叶えるように応援しています。あとは、このスピーチ原稿(げんこう)を編集してくれた3年5組の15名にも感謝しています。私の感謝を(あらわ)すために何を言っていいかわかりませんが、お(わか)れする前に少し助言(じょげん)をしたいと思います。鹿屋高校のALTとしてだけではなく、海外(かいがい)で暮らした経験から学んだことを伝いたいと思います。将来のたみに自分を助けるために覚えておいてください。

First. 計画(けいかく)を立てて守ることも大切ですが、広い心を持ち(もち)柔軟(じゅうなん)な態度をとることも大切だと思います。人生において、夢が変わることはあります。チャンスをつかんで新しい夢を()いかけるか、また今の夢を叶えるために最後の最後まで頑張るか、どちらを選んでも成功(せいこう)すると思います。私の夢は看護師になるということでしたが、もし帰国(きこく)していたら、こんな素晴らしい生徒と職員に会うことができなかったでしょう。そして、人生が変わるという体験をしなかったでしょう。この夢を選んでよかったと思います。

Second. 自分は成功できると自信を()ってください。これは特に重要(じゅうよう)だと思います。

そうすれば、人生を美しくすることができます。(こわ)がらずに、やったことのないことをやってみてください。(おそ)れには新しいことを経験したり学んだりすることを止めることはできません。

Third: できれば、留学をしたり、海外旅行をしたりして自分とは全然違う人と知り合いになったりしください。その人はあなたが知らないことを知っています。「違う」ということは悪いことではありません。

Fourth: 日常に感謝してください。いつの間にか時間がたって、()(かえ)ってみるとその日常の大切さに気付くはずです。今の友人をいつも大切にしてください。そして新しい友達とも仲良くになってください。過去、現在、未来はどの瞬間(しゅんかん)も大切な時間だから。

Last: 完璧な人はいません。あきらめずに一日一日努力をしてください。しかし、「やることはやった。たとえ成功しなくても(かなら)ずかてになる。」と思うことも大切です。無理しないように。自分の体、健康、心をいつも大事にしてください。

この3年間、皆さんが私にたくさん新しいことを教えてくれたおかげで、思っていた以上に精神的に成長できました。皆さんの(ちい)さなやさしさが、私に大きな影響(えいきょう)(あた)えてくれました。大変お世話になりました。8月から東京で会社員として新しい生活を始めますが、これからも皆さんを応援しています。鹿屋高校での経験を一生(いっしょう)忘れません。鹿屋を(はな)れるのは(さみ)しいです。一緒に素晴らしい思い出を作ってくれて、本当にありがとうございました。絶対に忘れられません。授業、受験(じゅけん)、また将来に向けて頑張ってください。どうもありがとうございました。

 

DSC06961DSC06965DSC06976DSC06983