1.16 生徒主張

公開日 2019年01月16日(Wed)

 1月16日(水)の生徒朝礼、全体朝礼はインフルエンザ注意報が出ていることに配慮して、校内放送の形で実施しました。1年生の藤本凜乃さんと斉木駿介くん、2年の今熊木乃美さんが生徒主張を行いました。

IMG_7701

 藤本さんは、「教えること」というテーマで語り始めました。鹿屋高校はアクティブ・ラーニングに取り組んでいますが、教える際に心がけたいこととして、一つには難しいところはどこなのか相手の立場に立って伝えること、次にはできているところとまだできていないところを具体的に伝え、信頼感を生むことが大切ではないかと述べてくれました。

IMG_7697

 斉木君は二学期を反省するという視点に立って、勉強や部活動について、思うように活動できなかった原因は自分にあると判断。まずは自分を変えようと意識すること。併せて視野を広げて周囲のことをも考えて行動できるようになると今後の決意を述べてくれました。

IMG_7695

 今熊さんは、昨年の夏、広島の豪雨災害の後の復旧のためにボランティア活動を行った経験について語ってくれました。土嚢をつくり、それらが一つ一つ積み挙げられていく光景に参加した手応えを感じたとのことです。また、被災者の期待に少しでも応えることができるようでありたいとも述べてくれました。今年本校の生徒達は実に様々な場面でボランティア等の社会貢献に努めてくれました。今後もこの輪が広がっていくことを期待しています。

IMG_7698